陶小物作家 北原裕子さんの作品が入荷しました。

 

 

陶小物作家 北原裕子さんの作品が入荷しました。

 

ブローチやリング、ネックレス、ヘアゴムなどのアクセサリーや、

木とお家シリーズのオブジェなど。

 

写真の他にも種類がたくさんありますので、

ぜひ実物をお手にとって触れてみてください🍋🍓🐈

 

 

・・北原裕子 profile・・ 

 

福岡生まれ。福岡育ち。東京在住。

家、城、教会、花、鳥、猫、天使などをモチーフとした陶のオブジェ、雑貨、アクセサリー、フェーヴなどを製作。

東京・西荻窪を中心に、 
全国のショップ&ギャラリー(10店舗程)にて作品を常設でお取り扱いしていただいています。

 

 

 ✳︎陶歴✳︎

1999年
作陶開始
2006年
東京・西荻窪にて
初個展
2009年
洋服と雑貨の店ギャルリー・ノン(東京・西荻窪)にて
陶器の家オブジェ、教会オブジェを中心とした個展開催
 
以来1〜2年に一回ペースで個展開催。
グループ展は年4〜5回ペース

鈴木美汐さんのうつわが入荷しました。

 

 

鈴木美汐さんのうつわが入荷しました。

 


ケルトの森をイメージして作られたというラウルシリーズ。深みのある淡いグリーンが印象的です。

「光」という意味のルクスシリーズなど、自然界の美しい色や形からインスピレーションを受けて作陶されているそうです。



そしてどの作品もとても軽いので、手に馴染みます。

 

後片付けの時の扱いやすさも考慮して作られているそうで、普段使いしやすい点も魅力です。

 

 

 

鈴木美汐 
Atelier Zum Tal
陶磁器工房 アトリエ・ツム・タール

Profile

茨城県石岡市生まれ
1996年 麗沢大学ドイツ語学科卒業
2005年 茨城県窯業指導所 成形飢福Ν群塀の
2005年 額賀章夫氏に師事
2008年 茨城県窯業指導所 釉薬飢 修了
2009年 笠間市にて独立
2016年 石岡市に工房を移転

 

 

salviaのふんわりくつした が入荷しました。

グラフィックデザイナー、セキユリヲさんのものづくりから始まったsalvia。

衣食住の暮らしのなかに、「こんなものがあったらいいな」をかたちにしていく活動体です。

 

現在は「古きよきをあたらしく」をテーマに、日本国内の伝統工芸や地場産業など、作り手たちのこだわりの技術を生かしたものづくりをしています。

 

そんなsalviaから、「ふんわりくつした」が入荷しました。

 

 

 

 

ゴムが入っていないので締めつけ感がなく、ふんわりとした履き心地。

しっかり編み目の数があって、糸同士が支え合うので、ずり落ちません。

 

”昔ながらのゆっくり編み”で、新潟のくつした工房で作られています。

大量生産ではなく、ゆっくり時間をかけて編むことで、ふんわりと編み上がるそうです。

 

そして普通の靴下より細い糸をたっぷり使っているから、ガーゼのような質感で、保温性にも優れています。

ぜひお手に取って触って、ふわふわ感を体感してみてください。 

 

色柄は、つみき まちばり スカンジナビアの3種類が入荷しております。

 

大量生産品ばかりではなく、こういった「ゆったりした空気を纏ったもの」や、その技術が無くならずに

残っていってほしいなあと感じます。

 

HPも素敵なので、ぜひ覗いてみてください。

 

http://salvia.jp/

 

 

 

 

やまばとおみくじ

 

山鳩舎さんのHPで、とてもかわいらしく癒されるおみくじが引けますので

 

皆さまよかったらお試しください☺

 

http://yamabatosha.com/

 

 

 

 

冬物SALE スタートしました。

 

1/5〜 冬物SALEがスタートしました。

 

 

 

 

店内の冬物商品、ストールやブランケット、

 

ベレー帽やスヌード、アームウォーマーや手袋などなど

 

お買い得になっております。

 

ぜひお立ち寄りください。

 

 

Silk Double Socks再入荷しました。

 

 

ご好評頂いております、Silk Double Socksが再入荷です。

 

前回より少し薄めのタイプ「ブリーズ」が、新たに入荷しました。

内側がシルクなので、汗をかいてもサラサラを保ってくれます。

 

店主の個人的な感想ですが、一度履くと快適すぎて、他の靴下で満足できません・・・

「今日はこの柄が履きたい」とか、「今日はこの形じゃないと合わない」等がない日は、

ほぼ毎日このシリーズを履いています。

 

特に長時間歩く日などは、靴のムレが気になったりしますが、

シルクが汗を吸ってくれるので、ベタベタしません。

 

本当におすすめな靴下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春を感じるうつわ展

 

 

3/13日火曜日から、「春を感じるうつわ展」がスタートします。

 

 

鈴木慎一

1970 年 東京 阿佐ヶ谷に生まれる
1996 年 大津晃窯にて修行始める
1998 年 茨城県窯業指導所にて研修
1999 年 美和窯業にて釉薬研究
2000 年 笠間にて独立

鈴木あかね

1998年 茨城県窯業指導所にて研修
2005年 笠間にて独立
茨城県笠間市で作陶しています。
日々の暮らしの中での、ちょっとした「とくべつ」、そんな日常のいろどりになるような器づくりを、
私達は目指しています。使って頂くことで、食卓が少しでも豊かになったと感じて頂ければ幸いです。
鳥や植物のかわいらしい絵付けがされたマグカップや、色合いが素敵な無地のうつわが揃います。
ぜひお立ち寄りください。

RENのレザーバッグが入荷しました。

 

RENのハリー・バケットトートワンショルダーが入荷しました。

REN(レン)は蔵前に工房兼ショップを構えるレザーバッグのブランドです。

 

『HALLIE / ハリー』は、RENオリジナルのナチュラルピッグスキンです。

マットな質感、ソフトな肌ざわり、水彩絵の具で染めたような自然な色調にこだわり作られているそうです。革のキズや色ムラは天然素材の証として、コーティングなどで隠すことをせず、素の風合いを大切に仕上げられています。

 

手にしてみると、丁寧に作られているなあと改めて感じます。

金具を使用していないので、とても軽いのも特徴です。

 

 

底マチの内側にキャンバス地が施されているので、

荷物を収納した際に形が崩れにくく、安定(自立)します。

メインスペースには、ランチボックスとタンブラーがすっぽりと入る大きさです。

 

肩掛けでも手持ちでも、便利なワンショルダーです。

春限定色のsorairo、pink beige、blackの3色です。

 

 

 

幅33cm×高さ25cm×奥行19cm

約350g

 

オンラインショップで購入できます↓

http://shop.tanemado.jp/?pid=133505214

 

 

 

手袋が入荷しました。

 

雪の結晶柄と、アンゴラファー付きです。

どちらもウール混なので、暖かいです。

 

 

松尾ミユキさんデザインをはじめ、色々な柄のかやふきん。

 

 

 

ポチ袋やマット、器など、色々入荷しています。

 

 

 

 

ウール靴下とレッグウォーマーが入荷しました。

 

内側がシルクで、外側がウールなので、

暖かいのにチクチクしません。

シルクは吸放湿性に優れているので、肌表面の汗を吸い、発散します。

ムレずに暖かい。

 

また、保湿力が高いので乾燥も防ぎます。

私もシルクの靴下を初めて履いてみたのですが、カサカサだったかかとが、しっとりして驚きました!

一度履いたら手放せなくなりそうです。

 

ロングタイプも。

 

 

 

こちらは内側がシルク、外側がコットンの靴下です。

肌触りがよく、さらっとした履き心地です。

年間通してのロングセラー商品だそうです。

 

 

 

最後に、カシミヤ&ラムウール100%のレッグウォーマーです。

ふわふわでやわらかな肌触りで、気持ちいいです。

タイツに重ねたり、手首にはめることもできます。